紙おむつを嫌がる

夢工房 失禁パンツの人気の秘密!

私の父が失禁パンツを嫌がって大変でした。

 

その結果、尿もれでカーペットが濡れてしまい、布団からカーペットまでべたべたになり、かなり苦労しました。いま思い出すだけでも嫌な気分になります。臭いもかなり長期間、取れませんでした。
うつむく女性

 

すぐに使ってくれると良かったのですが、テレビで介護を受けているシーンを見た時、父が「元気な頃からオムツなんて使わない」と強く話していました。

 

 

「あんなものを使うくらいなら、生きられなくても良い」と言ってたので、自分がその立場になっても、やはりなかなか使ってくれず苦労しました。

 

 

そこで父と母と交えてじっくり話したら、「大の大人がオムツなんてあり得ない」と、また同じことの繰り返し。

 

 

理由は深く聞きませんでしたが、父のプライドが許さないということだと思います。でも父の言う事も理解できます。

 

私だって当事者になり「今日からオムツをしてよね」と言われれば、やはり嫌だなって思います。

 

 

それを父に見透かされているようで、あまり強くは言えませんでした。母も父に言えないので余計に腹立たしくなりましたが、そのハゲ口がなく悩んでいました。

 

 

そんな時、ネットを見ていたら見ていたら、私が思っていたイメージとは異なるオムツを発見しました。

 

 

夢工房さんの「失禁パンツ」というもので、デザインがおしゃれとまでは言えないですが、家の中や就寝時も使用されていて、かなり売れているようでした。

 

 

見た目が「そこそこ使える」と感じだったので、それを父に内緒で取り寄せてみせたら、「これオムツじゃないだろ?」との事。
「これなら、はいても良いよ」と言ってくれた時は、涙が止まりませんでした。

 

 

「ごめんね。お父さん」それしか言えませんでした。
父も家族が困っているのは分かっていたのですが、きっかけが見つからなかっただけだと思うのです。

 

 

それがデザインで解消されました。解消は言い過ぎかもしれませんが、オムツという嫌なイメージを、何とか取り去るくらいにはなりました。

 

 

やっぱり介護用品も、「デザイン性が良く無いとダメ」だと、つくづく実感しました。

 

これからは、若い女性用も早く開発しれくれないかな〜っと思ったほどです。まだ、オムツのお世話にはなりたくありませんが・・・・

 

 

でも事故や、急な病気で入院生活になるかもしれませんし、頻用や尿もれになるかわからないので、その時に違和感なく使える下着があれば、ある程度は、悩みが緩和されると思いました。

 

 

私が調べた時に、そのオムツの人気の秘密を使用者の感想や、口コミ・レビューなどを調べたら次の様なことがわかりました。

 

外観

見た目は普通の下着と大して変わらない。
  • 見た目が普通のパンツに見えるので、気恥ずかしい人に最適。
  • 生地が薄いので良い。

 

履き心地

紙パンツよりも歩きやすい。
  • 深履きできる。
  • 生理パットでただれてしまったのが解消された。
  • 普通の失禁パンツよりはきやすい。
  • 違和感なくはける。
  • 手ざわりが良い。
  • 生地が柔らいので、履き心地が良い。
  • 尿漏れパットが痛かったので、こちらに変えた。

 

機能

パット部分が厚めなので、漏れの心配が少ない。

給水・抗菌・消臭効果がある。

 

価格

コストパフォーマンスが良い。
  • 値段がお得
  • 色が白の物は漂白できるので、寿命が長い。

 

様々な特長がありますが、トイレが間に合わない父の、尿漏れタイプだったら安心だと思い選びました。結構な量を吸収してくれるので、施設でも使う方も良いかなと。

 

 

父が大型連休の時に施設に入ったので活躍してくれました。広告で尿漏れパンツを見かけるようになり購入される方は、選択肢の1つにされると良いと思います。

 

見つけた失禁パンツ